クリスマスの話。





去年までは、まだユラにクリスマスやらサンタクロースやらの概念もなかったので、我が家でこれといったイベントはしなかった。

しかし、3歳になった今年の彼女は違った。

保育所での経験やテレビや絵本からの情報により、クリスマスとサンタクロースの概念を取得していたのである。





クリスマスの日が近づくにつれ、夜な夜な窓の外を眺めては、

「サンタさんまだ来ないかなぁ」

と、期待して待つユラ。

{887334F1-77B0-4B2F-A890-2EC8D19AD73D:01}


これはクリスマスイベントをやらざるをえない。

娘の人生初のクリスマスイベントとして、父自らサンタクロースに扮し、夢と希望を与えてやるのだ。





{9C8F2B9A-3D70-4172-A504-C52B20D8CF2E:01}

子どもの夢を壊すわけにはいかない。

絶対にバレないようにサングラスまでかけて、一切の表情を隠す。

クリスマス当日の僕の変装に抜かりはなかった。





そして、ついにその時は来た!





{58381484-5404-4C93-BEC7-6D584BC83312:01}

ベランダから颯爽と登場!





が!





photo:03
めっちゃ怪しんでるーーー!!!





バ、バレたか!?いや、ひょっとして亀仙人と間違えてるだけの可能性も・・・






{0C7FD840-6D09-448C-879D-A84336C23A63:01}
思いっきりバレてるーーーーー!!!





ここはもう退くしかない!

そう思った僕は、プレゼントを渡して、早急にその場を撤退した。





ええい!こうなったらとぼけるしかない!

衣装を脱いで室内に戻り、早速ユラに仕掛ける。

先手必勝なのだ。 






{84A62D58-F232-4793-A469-0040942A1F32:01}
「な、なんかさ、さっきサンタクロース来たんだって?」





{F6F7F877-77B0-4D9D-B2F9-6B82568860CD:01}
「サンタさん、お父ちゃんだった・・・」





{7A8C6D27-0027-459D-A9EB-8660073194DE:01}






{EAB241D6-ACDB-4E9C-8A87-9CF129DB5549:01}
この瞬間、サンタクロース制度の廃止と共に、来年から、枕元寝起きドッキリプレゼント制度の導入が決定されたのは言うまでもない。





あなたのポチリが励みになります!他のブロガーさんの絵日記も見れます。
↓↓↓

人気ブログランキングへ





まさか、初回で子どもの夢をぶち壊す羽目になろうとは・・・

恐るべし、3歳児!