近所の公園にてユズと散歩中のこと。小学3~4年生の見知らぬ男の子がユズに興味を示してきた。「あー!赤ちゃんやん!へー、小さいなぁ、可愛いなぁ。」「小さいなぁ、可愛いなぁ。おっちゃんの子なん?」「そうだよ。」「僕はコオロギ飼ってるよ。」おい、うちの子を節足動